⚠︎ 本サイトのコンテンツには、広告・商品プロモーションを含む場合があります

【絵本紹介】どしゃぶり(男の子、雨、傘)





雨となかよくなれる絵本


よみきかせ時間
3分
ページ数
32p
文字数
600 〜 700文字
出版から◯年
6年1ヶ月
キーワード
男の子、雨、傘

■ 絵本紹介



この絵本は、
“男の子”が、どしゃぶりの“雨”の中、
“傘”もささずに、雨とあそぶ絵本です。

■ あらすじ



あつい夏のある日、
空を見上げた男の子は、
おおきな まっくろの雲をみつけます。

雲からは、ぽつぽつ雨がふってきて、
雨はしだいに、どしゃぶりにかわっていきます。

雨がだんだんつよくなるにしたがって、
男の子のテンションもあがっていきます。

最初は、傘をさしていた男の子でしたが、
男の子は、とうとう、どしゃぶりの中、
傘もささずにとびだします。

全身で雨をかんじて、雨とあそびはじめます。

■ 絵本の感想



大人になると、雨がきらいになる人は多いかもしれません。

ぼくも、「通勤がめんどくさい」、「服がぬれる」など、
雨の日がイヤだなと感じることがあります。

けれど、こどもの頃を思い出すと、
どしゃぶりの中、びしょぬれになりながらも、
たのしかった思い出があります。

そのときは、雨となかよしだったのかもしれません。


みなさんは、そんな、雨との思い出はありますか?

この絵本は、雨との思い出を思い出させてくれる1冊です。

■ 絵本情報(タイトル・著者・出版社など)

タイトルどしゃぶり
著者おーなり 由子
はた こうしろう
出版社講談社
よみきかせ時間 ※3分
ページ数32p
重さ356g
文字数 ※600 〜 700文字
出版年月2018年06月
出版から◯年6年1ヶ月
サイズ ※縦: 26.5cm * 横: 21.5cm * 幅: 1.0cm
キーワード男の子、雨、傘
こんな人に おすすめ
  • 雨がすきな人
  • 大人になって雨がきらいになった人
  • 雨との思い出がある人
レビューをみる
絵本ナビで、「どしゃぶり」の レビューがみれます。


最後まで、ご覧いただき、ありがとうございます。
以上、どしゃぶりの紹介でした。



↓ 絵本を紹介されてる他の方のブログが見れます
                                                                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です