⚠︎ 本サイトのコンテンツには、広告・商品プロモーションを含む場合があります

【絵本紹介】 ノラネコぐんだん パンこうじょう(ネコ、イヌ、パン)

パン工場でいたづらする
ノラネコぐんだんのお話です。

よみきかせ時間
3分
ページ数
32p
文字数
700 〜 800文字
出版から◯年
11年7ヶ月
キーワード
ネコ、イヌ、パン

■ あらすじ

ノラネコぐんだんシリーズの第9弾です。

毎回、さわぎを起こすノラネコぐんだん。

おきまりのパターンで展開されるお話の、
最初の舞台は、パン工場です。

パン工場で、売られているパンは、どれもおいしそう。

自分たちでも作れそう!
そう思ったノラネコぐんだんは、夜中に、パン工場にしのびこみます。

みようみまねで、パンをつくりはじめるノラネコぐんだん。
はたして、おいしいパンは、つくれるのでしょうか?

■ 絵本紹介

ここがおもしろい
パン工場で売られているパンは、どれもおいしそう!

ノラネコぐんだんが、おしそう、つくってみたい、
と思うのもうなづけます。

勝手にしのびこむのもよくないですが、
調子にのりすぎるのも、よくないと思えるお話です。
こんな人に おすすめ
  • いたづらがすきな人
  • パンがすきな人

■ 絵本情報(タイトル・著者・出版社など)

タイトルノラネコぐんだん パンこうじょう
著者工藤ノリコ
工藤ノリコ
出版社白泉社
よみきかせ時間 ※3分
ページ数32p
重さ266g
文字数 ※700 〜 800文字
出版年月2012年11月
出版から◯年11年7ヶ月
サイズ ※縦: 21.0cm * 横: 21.0cm * 幅: 1.0cm
キーワードネコ、イヌ、パン




最後まで、ご覧いただき、ありがとうございます。 以上、「ノラネコぐんだん パンこうじょう」の紹介でした。
↓ 絵本を紹介されてる他の方のブログが見れます
                                                                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です