⚠︎ 本サイトのコンテンツには、広告・商品プロモーションを含む場合があります

【絵本紹介】 としょかんライオン(図書館、ライオン、ルール)





図書館のルールをまもる ライオンの絵本。


よみきかせ時間
12分
ページ数
42p
文字数
4700 〜 4800文字
出版から◯年
17年3ヶ月
キーワード
図書館、ライオン、ルール

■ 絵本紹介



この絵本は、“図書館”にあらわれた“ライオン”が、
図書館の“ルール”をまもって
みんなと、仲良くすごす絵本です。

■ あらすじ



図書館に、1ぴきのライオンがやってきます。

ライオンがやってきたことに、図書館の人は、びっくりします。
なんたって、図書館にライオンがくるのは、はじめてのことなのです。

けれど、やってきたライオンは、図書館のルールをまもる
お行儀のよいライオンだとわかり、すぐに、みんなと仲良くなります。

ルールをまもるのであれば、ライオンも、図書館にいてもよいのです。

でも、ある日、ライオンはルールをやぶってしまいます。

■ 絵本の感想



ライオンが、図書館のルールをやぶったのは、
人を助けるためでした。

ルールをまもることは大切ですが、
ルールをやぶってでも、やらないといけないことがあります。

ときには、ルールよりも大切なことがあるのです。

大切なのは、それが“良いこと”なのか
ということだと思います。

■ 絵本情報(タイトル・著者・出版社など)

タイトルとしょかんライオン
著者ミシェル・ヌードセン
ケビン・ホークス
福本 友美子
出版社岩崎書店
よみきかせ時間 ※12分
ページ数42p
重さ559g
文字数 ※4700 〜 4800文字
出版年月2007年04月
出版から◯年17年3ヶ月
サイズ ※縦: 29.5cm * 横: 25.5cm * 幅: 1.0cm
キーワード図書館、ライオン、ルール
こんな人に おすすめ
  • 図書館がすきな人
  • ライオンがすきな人
  • ルールにしばられがちな人
レビューをみる
絵本ナビで、「としょかんライオン」の レビューがみれます。


最後まで、ご覧いただき、ありがとうございます。
以上、としょかんライオンの紹介でした。



↓ 絵本を紹介されてる他の方のブログが見れます
                                                                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です