⚠︎ 本サイトのコンテンツには、広告・商品プロモーションを含む場合があります

【絵本紹介】 びじゅつかんへいこう(女の子、美術館、絵)





読むと、ふしぎと 美術館へ行きたくなる絵本です。


よみきかせ時間
4分30秒
ページ数
32p
文字数
700 〜 800文字
出版から◯年
10年3ヶ月
キーワード
女の子、美術館、絵

■ 絵本紹介



この絵本は、“女の子”“美術館”に、“絵”をみにいく絵本です。

■ あらすじ



たのしい絵、さむしそうな絵、よくわからない絵など、
美術館にはたくさんの絵が、かざってあります。

女の子は そんな絵たちをみてまわります。

そして、絵をみながら、
「わらったり」、「かなしんだり」、「ふしぎにおもったり」
いろんな ことを感じるのです。

■ 絵本の感想



美術館に行くと、いろんな絵を 見ることができます。

「きれいな景色を 描いた絵」、
「テレビで見た あの有名な絵」、
「圧倒されるくらい 大きな絵」


そんな絵をみると、
「きれいだな」とか、「すごいなあ」と 感じます。


もしかしたら、「よくわからない」、「むずかしい」
と感じることもあるかもしれません。

けれど、それも、感じ方のひとつです。
絵を見て、感じることは自由でいいのです。

この絵本を読んで、絵本の中の女の子をみていると、そんな風に感じます。


もしも、美術館に「まっしろな絵」があったら、
あなたは、どんなふうに感じるでしょうか?

感じ方は、人それぞれですが、
絵本の女の子がどのように感じたか、気になりませんか?

■ 絵本情報(タイトル・著者・出版社など)

タイトルびじゅつかんへいこう
著者スーザン・ベルデ
ピーター・レイノルズ
なががわ ちひろ
出版社国土社
よみきかせ時間 ※4分30秒
ページ数32p
重さ352g
文字数 ※700 〜 800文字
出版年月2014年04月
出版から◯年10年3ヶ月
サイズ ※縦: 24.5cm * 横: 25.0cm * 幅: 1.0cm
キーワード女の子、美術館、絵
こんな人に おすすめ
  • 絵がすきな人
  • 美術館がすきな人
  • 美術館って、ちょっぴり「堅いところ」というイメージがある人
レビューをみる
絵本ナビで、「びじゅつかんへいこう」の レビューがみれます。

■ 関連記事



最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
以上、びじゅつかんへいこうの紹介でした。



↓ 絵本を紹介されてる他の方のブログが見れます
                                                                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です