⚠︎ 本サイトのコンテンツには、広告・商品プロモーションを含む場合があります

【絵本紹介】仕事がつらい。そんな人に読んでほしい絵本まとめ



仕事がつらい。仕事をやめたい。
そんなふうに思ったことはありますか?




  • 仕事がうまくいかないとき
  • やることが多くて終わらないとき
  • つまらない仕事ばかりをしているとき

仕事がつらいと思うことがあります。


そんなときは、ちょっとしたことが、きっかけで前向きになれたりもします。

この記事では、仕事がつらいと思っている人に読んでほしい絵本を紹介します。



◼️ モカと幸せのコーヒー





よみきかせ時間
5分
ページ数
25p
文字数
1500〜1600文字
出版から◯年
8年3ヶ月
キーワード
ウサギ、コーヒー、ひとやすみ

◼️ 絵本紹介



この絵本は、“ウサギ”が、おいしい“コーヒー”を いれてくる絵本です。

疲れた心も、“ひとやすみ”できます。

◼️ おすすめポイント

仕事で疲れたときは、体だけではなく、心もいっしょに疲れます。
そんなときは、何にもやる気が出ないこともあります。

この絵本では、そんな、心も体も疲れた主人公のもとに、
1ぴきのウサギがあわられるのです。

ウサギは、疲れた主人公のために、
おいしいコーヒーをいれてくれます。

おいしいコーヒーは、ひとときのいやしをあたえてくれます。


疲れたときは、甘いコーヒーを飲んで、ひとやすみしようと思える絵本です。







◼️ ぼちぼち いこか?





よみきかせ時間
2分30秒
ページ数
32p
文字数
300 〜 400文字
出版から◯年
44年1ヶ月
キーワード
カバ、チャレンジ、失敗

◼️ 絵本紹介



この絵本は、“カバ”が、いろんなことに“チャレンジ”しますが、
どれもうまくいかずに、“失敗”してしまう絵本です。

◼️ おすすめポイント

この絵本に登場するカバは、何をやってもうまくいかずに、失敗ばかりです。

けれど、失敗しても、次のあたらしいことに、チャレンジしているのです。

この絵本を読んでいると、
失敗することが当たり前で、些細なことに思えてきます。

失敗しても、いいじゃない。
そんなふうに、思えるのです。


絵本の最後は、「ぼちぼち いこか と いうことや。」
で、締めくくられています。

失敗しても、あせらずに自分のペースで ゆっくり進めばいい。
そう後押ししてくれているような気がしました。







◼️ こころのおと





よみきかせ時間
3分30秒
ページ数
32p
文字数
900 〜 1000文字
出版から◯年
8年1ヶ月
キーワード
ピアノ、大人、おとうさん

◼️ 絵本紹介



この絵本は、こどものころにやめてしまった“ピアノ”
“大人”になってから、もういちど、弾く絵本です。

ピアノは、“おとうさん”との思い出です。

◼️ おすすめポイント

何かをはじめたとき、最初はとてもたのしいけれど、
だんだん、つまらなくなるときがあります。

つまらなくなるのは、どうしてでしょう?

うまくなること、成果を出すことをがんばって、
最初のころの、ワクワクした気持ちやうれしい気持ちを
忘れてしまうからなのかもしれません。


たのしく取り組むって、とても大切なことです。

最近、つまらないと感じていることも、
最初はどうだっただろう?
と たのしかった頃のことを思い出すきっかけになりました。







◼️ じぶんだけの いろ





よみきかせ時間
3分
ページ数
30p
文字数
600 〜 700 文字
出版から◯年
49年6ヶ月
キーワード
色、カメレオン、仲間

◼️ 絵本紹介



この絵本は、自分の“色”をもたない“カメレオン”が、
自分の色をもとめて、旅をする絵本です。

旅の先で、“仲間”に出会います。

◼️ おすすめポイント

オウムは、緑色。金魚は、赤色。象は灰色。
動物には、じぶんの色があります。

けれど、カメレオンには、じぶんの色がありません。

黄色になったり、紫色になったり、
まわりの色にあわせて、かわってしまいます。
ある日、いっぴきのカメレオンが、
じぶんの色をもとめて、旅にでました。

けれど、やっぱり、まわりの色にあわせて、
色がかわってしまうのです。

そんな中、もういっぴきのカメレオンに出会います。







◼️ にげて さがして





よみきかせ時間
4分30秒
ページ数
48p
文字数
1000 〜 1100文字
出版から◯年
3年4ヶ月
キーワード
にげる、さがす、うごく

◼️ 絵本紹介



ひどい人からは“にげる”

すきな人を“さがす”

そのために、ぼくたちは“うごく”

◼️ おすすめポイント

ひどいことをいったり、ひどいことをしたりする人と、
いっしょにいるのはつらいです。

ひどい人といっしょにいると、
どんどん自分が、自分じゃなくなるような気がして、つらくなります。


そんなときは、我慢しなくて、にげればいい。

ひどい人とは、いっしょにいなくていい。
すきな人を探して、その人と一緒に過ごせばいい。


この絵本からは、にげだす勇気をもらいました。







◼️ ころべばいいのに





よみきかせ時間
9分
ページ数
32p
文字数
2700 〜 2800文字
出版から◯年
5年1ヶ月
キーワード
イヤなこと、キライな人、対処法

◼️ 絵本紹介



この絵本は、
“イヤなこと”があったり、
“キライな人”がいるときの
“対処法”がかかれている絵本です。

◼️ おすすめポイント



普通に暮らしていても、
イヤなことがあったり、キライな人がいたりします。

イヤなことがあった日や、キライな人と関わった日は、
イライラしたり、気分が落ち込んだりします。

自分ではどうしようもないことが、あったりします。

そんなときは、正面で向きあわずに、
目をそらしたり、逃げたりしたっていいと思います。

やっぱり、イヤなことよりも、たのしいことを考えて過ごしたいですからね。







◼️ 関連記事

                                                                   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です